頭皮のかゆみ 対策

頭皮のかゆみの原因と対策は?

 

頭皮がかゆくなると一口に言っても個人差がかなりあります。少し触ったらなんとなくかゆいと感じる程度だという人もいますし、我慢することも出来なくらいのかゆみと格闘している人だっています。頭皮がかゆくなってしまっているのは、頭皮がSOSを出しているからなのかもしれません。かゆくなってしまっていても特に対策をしていないという人も結構いるのではないでしょうか?もしくはちゃんと対策をしていても、かゆみが緩和されないという人もいると思います。頭皮のかゆみの原因はいくつもあります。ですので頭皮ケアをしていくのであれば、その原因に適している方法をしていく必要があるのです。

 

また我慢出来なくて掻いてしまうとかゆみが強くなってしまったりしますよね。これは掻くことが刺激になり、かゆみ物質のヒスタミンが大量に分泌されてしまうことが原因になっています。ですので頭皮がかゆくなってしまったとしても掻くと悪化してしまうのです。

 

頭皮のかゆみとして特に多いのは、頭皮が乾燥してしまっているという原因です。通常の場合、水分を逃さないように皮脂の分泌や新しい角質が生成されたりしているのですが、シャンプーのしすぎやケアをしていないなどと言ったことが原因で、頭皮内部の水分が蒸発してしまって、乾燥してしまうことが多いです。

 

また頭皮で雑菌が繁殖してしまうことが原因になってしまっているケースも少なくありません。人間の肌には、常在菌と言われる元々存在している菌があります。しかし頭皮環境が悪くなってしまっていたり、皮脂の過剰分泌などによって菌が大量に増えてしまって、炎症になりかゆみを引き起こす原因になるのです。

 

皮脂の過剰分泌も肌の乾燥が原因になってしまっているということが多いですので、頭皮の保湿ケアをしっかりするようにしたり、肌の乾燥を防ぐために自分の肌質にあったシャンプーに切り替えるようにするなどと言った対策をしていくようにしましょう。

 

頭皮のかゆみに効く朝シャンプー

 

一日の中で特に頭皮にかゆみを感じることがない時間帯もあれば、逆に我慢出来なくなるくらいかゆくなってしまう時間帯がある人も多いのではないでしょうか?ちゃんと家に帰ってからお風呂で洗髪をしているのに、どうしても頭皮がかゆくなってしまう人は決して少なくありません。人によってかゆくなるタイミングというのは違っているかと思いますが、私自身の場合は午後からかゆくなることがほとんどでした。そして家に帰ってから髪を洗うとだいたい痒さもなくなります。

 

朝でも頭皮がかゆくなってしまう時というのは、大体髪をドライヤーで乾かさなかったときや寝不足になっている時や髪自体を洗わずに就寝をした時に集中しています。

 

午後でも夕方くらいから頭皮がかゆくなることが多かったのですが、これは皮脂や汗が原因になっていることが多いようです。知らず知らずのうちに汗は出てしまうものですし、皮脂も溜まっていきます。この皮脂や汗の成分を雑菌が餌にして増殖したり活性化してしまうことでかゆみの症状が出てしまうことが多いのです。

 

髪を洗うことによって繁殖した雑菌や汚れ、皮脂、汗などを洗い落とすことが出来るようになるため、頭皮のかゆみも解消されます。ただ夜髪を洗っていても寝ている間に皮脂や汗が分泌されて、細菌が増えてしまって朝からかゆくなってしまうこともあるんですよね。

 

ですので夕方よりも朝にシャンプーをするようにした方が頭皮環境を整えやすくなり、かゆくなりにくくしていくことが可能です。逆に夜も朝も髪を洗ってしまうと、皮脂が失われすぎてしまって頭皮の乾燥でかゆみが生じてしまうこともありますから、朝シャンプーをするのであれば夜は髪を洗わないようにした方がいいでしょう。

 

頭皮のかゆみに効く湯シャン

 

一日もかかさずに髪をちゃんと洗っていても頭がかゆくなってしまうこともあります。そしてかゆいから掻いてしまうとフケが出てしまって困っているという人もいるのではないでしょうか?ちゃんと髪を洗わなくては、毛穴が汚れや皮脂で詰まってしまって頭皮環境が悪くなってしまったりかゆくなってしまうから毎日洗っているのに、かゆくなってしまうのはどうしてなのでしょうか?

 

実は逆に洗いすぎてしまっていることが原因になっているということも多いんです。例えば何度もシャンプーを使って洗髪をしていたり、かなり強力な洗浄力があるシャンプーを使っている場合、それだけ皮脂も洗い落とされることになり、頭皮が乾燥してしまっていることもあるのです。

 

シャンプーは汚れだけを取り除いてくれるのではなく、頭皮の保護をしている皮脂も洗い落とします。適度に洗い落とすのであれば肌の保湿力も保たれますので、乾燥することなく痒みを感じることもないでしょう。ですがシャンプーの効果が強すぎてしまうと、保湿や保護に必要な皮脂が必要以上になくなってしまい、肌が刺激を感じるようになってしまって、かゆくなってしまうのです。

 

普段大量に汗をかいている時は、それだけ汚れも付着しやすいですから、シャンプーを使って髪を洗ったほうがいいですが、そうでないのであれば、お湯だけを使って洗髪をするだけでも十分だと言えます。お湯シャンプーと言われる方法なのですが、まずは髪を濡らす前にブラッシングをして汚れを浮かします。その後で35度前後のぬるま湯のシャワーでしっかり髪の汚れを落としていきます。そして終了後は軽くタオルで水分を取り除いてからドライヤーでしっかり乾燥させるという方法です。ただしこのお湯シャンプーの方法は、頭皮トラブルになっている時にはおすすめしません。お湯だけだと汚れが残りそうで不安だという場合は、刺激が弱くて自然由来のアミノ酸シャンプーなどで髪を洗うといいでしょう。

 

頭皮のかゆみに効くオイル

 

オイルケアをして頭皮のかゆみや乾燥などの改善をするという方法も人気になってきています。しかしオイルでもいろいろな種類があり、何を使えばいいのかよく分からない人も多いのではないでしょうか?頭皮に使うオイルとして椿オイルやココナッツオイル、ホホバオイルなどが代表的ですよね。どうしてオイルを使ってケアをしていくのかというと、肌に対してオイルは馴染みやすいという特性を持っているからです。

 

頭皮だけに限らず、肌というのは皮脂などによって、保湿をしたり刺激から保護をしたりしています。オイルケアでは植物由来の成分をオイルとして抽出していますから、私達が無意識のうちに分泌している皮脂と共通点もあります。ですので肌にも馴染みやすいですし、皮脂の分泌量を調整してくれる働きも期待出来るのです。

 

またオイルでもミネラルやビタミン、抗酸化作用がある成分なども豊富に含まれていますから、頭皮環境を整えやすくすることも可能になっています。頭皮ケアとしてオイルを使っていこうと考えているのであれば、酸化しにくい特性を持っているオイルを使うようにしましょう。酸化しやすいオイルだと質も悪くなってしまいますからおすすめしません。その酸化しにくいオイルとして、ごま油や椿油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、アルガンオイルなどがおすすめです。

 

また肌に馴染みやすいオイルではあるのですが、髪を洗う時にしっかりすすいでオイルを洗い落とすことも忘れないようにしましょう。長時間オイルを付けていると、オイルにホコリなどが吸着されてしまったり、酸化されてしまいますので、頭皮環境が悪くなる可能性もあるのです。

 

頭皮のかゆみに効く漢方薬

 

体の中でも特に頭皮というのは毛穴がとても多い部分ですから、皮脂も分泌されやすくなっています。また他の部位と違って毛髪がたくさん生えているため、湿気がこもりやすくなっているんですね。

 

皮脂が適度に分泌されている状態であれば、頭皮の保湿力も保ちやすくなりますし、バリア機能も保つことが出来ます。しかし頭皮の環境が悪かったり、大量の皮脂が分泌される、頭皮が乾燥してしまうなどといったことが原因で頭皮がかゆくなってしまったり、抵抗力が弱くなってしまって皮膚炎になってしまうこともあるのです。

 

頭皮の環境を整えるようにしたり、負担の少ないシャンプーを使用する、頭皮の湿度が高くなりすぎないようにするなどと言った対策をしていく方法もあります。また同時進行で体質を改善させるための漢方薬を服用することで、より改善しやすくすることが出来る場合もあります。

 

頭皮のかゆみに悩まされている人にいいと言われている漢方薬としてどのようなものがあるのでしょうか?

 

・黄連解毒湯
血圧が高くなりやすい人や日焼けによって頭皮がかゆくなる、または炎症になっている人に適している漢方の一つになっているのが黄連解毒湯です。フケが頭皮にこびりついてしまっていたり、大量に皮脂を分泌してしまっている場合、食べ過ぎや変色によって胃腸の調子が悪くなってしまっていると考えられることが多いです。黄連解毒湯というのは、胃腸の負担を軽減したり、体内の熱を冷却させる働きが期待出来るとされています。

 

・加味逍遥散
ストレスを抱えていたりホルモンバランスの乱れなどといった症状があるのであれば、加味逍遥散が処方されることが多いです。加味逍遥散はストレスを緩和したりイライラ感を解消させる作用が期待出来ると言われており、ストレス等によるかゆみの緩和が期待出来ます。

 

なお漢方でも人によって相性は様々ですから、漢方薬剤師などに相談をして処方してもらうようにした方がいいでしょう。

 

頭皮のかゆみに効く栄養素

 

フケや頭皮のかゆみに悩んでいるのであれば、食生活の改善もするべきです。ストレスや紫外線などに対しても対策をしていかなくてはならないですが、頭皮トラブルになっている場合、ターンオーバーを整えてあげることも大切です。そのためにも食事で必要な栄養素を摂取していかなくてはなりません。普段の食事によっても、頭皮のかゆみを改善させることも出来ますし、逆に悪化させてしまうことだってあるのです。

 

ただしここで覚えておかなくてはならないのは、すぐに効果が出ることはないということです。食事による栄養補給で頭皮の細胞を正常化させたり、頭皮環境を整えるにはそれなりの時間がかかっていくことになります。

 

頭皮のかゆみを抑えたいのであれば、ビタミンB6を積極的に摂取していきましょう。肌に良いということでビタミンB6は有名ですが、頭皮も同じく肌ですので、ビタミンB6が有効になっているのです。ビタミンB6はアボカドや納豆、レバー、マグロなどに含まれています。この他にもにんにくやごまなどにも含まれていますから、調理の際にこれらの食材も入れるようにするといいでしょう。逆に炭水化物や糖質、油分は過剰に摂取してしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまいます。そうなると頭皮環境も悪くなってしまいますから、適度に摂取する程度に留めるようにしましょう。

 

最近、炭水化物や糖質を抜くダイエット方法もありますが、全く摂取しないというのもよくありませんので注意してくださいね。毎日食生活を改めるのは大変だという人は、1週間に一回から見直していき、食事に慣れてきたら日数を増やすようにするといいでしょう。